« 連チャンのイベント | トップページ | KOBE ALIVE2010 »

2010年9月23日 (木)

北浦民子さん&冨吉はるのちゃん

若き日の夢を今、かなえて

Img007

ポップできびきびとした美しい踊りが人目を引く北浦さん。よさこいを始めて「長年の踊りへの夢が今、開花している気分」とおっしゃいます。幼い頃に手習いした日本舞踊、バレー、ご近所の旅役者さんから感じた何かが、民子さんの心に踊ることへの夢を育てたようです。本気で踊りへの夢を追いかけようと、16歳の時には、こっそりと「梅田コマ劇場」のダンサー試験にトライ なんと見事、合格を勝ち取ったそうです

ところがこれにはご両親の猛反対を受け、三日三晩泣き明かして諦めることに・・・人生のターニングポイントですね もうひとつの道を選んでいたらどうだったか・・・なんてことはもちろん考える必要もありません  人生を堅実に歩み、結婚後は3人の娘さんに恵まれ、今では5人のお孫さんのおばあちゃんに。主婦業、お母さん業の傍ら、クリエイティブな才能を生かし、日本人形創作をはじめ、トールペイントや紙粘土、洋裁、パッチワーク、ちぎり絵、etc・・・さまざまな分野で創ることを愉しみ、友人たちに乞われて、日本人形や手芸教室の先生もされたそうです

そして、子育てが一段落した頃から、ムクムクと蘇ってきたのが、“踊りへの夢”――まず、始めたのがジャズダンス 踊ることの愉しさを満喫したそうです。2年に一度のビッグな発表会にも、燃えました。そして、そんなジャズダンスの仲間だったOさんに誘われて始めたのが、「よさこい」でした 美木多チームに仲間入りしたのが7年前。一糸乱れぬ統制を目標に踊るバレーやジャズダンスとはまた違う“緩さ”に惹かれたとおっしゃいます。先生に教えられるのではない、仲間と一緒にああだこうだと言いながら作り上げていく過程にも魅力に感じるそうです。そして何より、イベント盛りだくさんで、年中、発表の場があることが、一番の魅力だとかこれって、やっぱ、“ダンサー本能”ですよね

来年はお孫さんのおひとりがよさこいの仲間入りをされる予定だそうですよ そりゃあ、きっと民子さんのDNAを引く継ぐ三世もいらっしゃることでしょう 愉しみ~ 

2011年春、待望のお孫さんの仲間入りです 美木多チームの初踊り、4月3日の鴨谷桜まつりで、お孫さんのはるのちゃんが、よさこいデビューされました。Photo この春から新1年生だそうです。よさこいの方も1年生スタートですね 4月17日の浜寺スプリングでは2ショットを撮らせていただきました

Photo_2

« 連チャンのイベント | トップページ | KOBE ALIVE2010 »

この人に注目!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北浦民子さん&冨吉はるのちゃん:

« 連チャンのイベント | トップページ | KOBE ALIVE2010 »