« 2017年8月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年9月

2017年9月 7日 (木)

泉北コミュニティに掲載

8月の高知よさこい全国大会に出発する直前に、取材を受けた泉北すきやねん
その紹介記事、泉北コミュニティの今週号(9月7日)に載せていただきました

Img_20170908_0001_new


取材に来てくださった冨尾さん、ありがとうございました。
記事はこんな感じです。
文章部分だけ編集しなおしてみました。

よさこい全国大会に参加

 結成20周年の「泉北すきやねん」

結成20周年を迎えたよさこいサークル「泉北すきやねん」が、8月12日に高知県での「よさこい全国大会」に参加。全国から約50チームが参加し、大阪の代表として13回目の出場になる。
 泉北すきやねんは、一時は100人を超す大所帯のサークルで、泉北各地域によさこいチームが多数育つ土壌を作った。現在はメンバーが減少したが、子供や孫と一緒に楽しく踊るメンバーも。各地域の夏祭りをはじめ、一年を通してイベントの盛り上げ役として活躍するほか、福祉施設に招かれて踊る機会も多い。
 今回、全国大会ではオリジナル曲「浪花のおかんはよさこいダンサー」に合わせた踊りを披露。「大阪のおかんの元気でたくましい姿をユーモアを交えて表現した歌詞です。私達、大阪のおかんの応援歌だと思って踊っています」と、代表の芳子さん(城山台1丁)。
「泉北すきやねん」の文字の入った着物のような袖、くいだおれ人形を模した赤と白の縞模様のズボンにアクセントカラーの水色が、遠くからでも目をひく。その上におかんのイメージのフリルのついた白いエプロンを着て、鳴子を鳴らしながら軽快に踊る。「こうしてみんなで踊り続けられることがうれしい」。

 メンバー募集中。毎週火曜7時〜8時半、美木多中で。
  
さん090・5013・8083
 〔冨尾]

« 2017年8月 | トップページ | 2017年11月 »